ビタミンB
down
DICTIONARY成分一覧
アマランサスアマランサスは、南米地域原産のスーパーフードです。世界保健機構(WHO)が「未来の食品」と評価しており、ハリウッドセレブの間でもブームになった食品。栄養素のバランスが非常に高いことから、将来的に主食の一種として用いられることも期待されています。
キヌアキヌアは、南米のアンデス山脈一帯にルーツを持つ植物です。その高い栄養素から、NASAも宇宙食への採用を検討して研究を行っています。美容ケアに不可欠なリボフラビン(ビタミンB2)やダイエッターに人気の食物繊維を豊富に含んでいます。
クコ実クコの実は、別名ゴジベリーとも言われています。身近なところだと、杏仁豆腐の上に乗っている赤い実がクコです。エイジングケア※によいとされるポリフェノール、ルチンはビタミンPとも呼ばれており、私たちの体を健康に保っています。 ※エイジングケアとは年齢に応じた栄養面のお手入れを指します。
チアシードチアシードは、南米原産の植物であるサルビア・ヒスパニカの種子です。栄養価のバランスも良く、水を含むとゲル化して膨れ上がるため、少量で満腹感を維持できることからダイエット食品やスムージーなどによく採用される成分です。栄養価のバランスも良く、エイジングケア※にもおすすめの成分とされています。※エイジングケアとは年齢に応じた栄養面のお手入れを指します。
ナイアシンナイアシンはビタミンB3のことですが、ナイアシンと呼ばれることが一般的です。体内で酵素をサポートする補酵素として有名です。
バオバブバオバブは、アフリカ地域に生息している巨大な樹木です。エイジングケア※としてもお勧めで、現地では健康のために古来より用いられてきました。※エイジングケアとは年齢に応じた栄養面のお手入れを指します。
パントテン酸カルシウムパントテン酸はビタミンB5のことですが、パントテン酸と呼ばれることが一般的です。比較的様々な食品に含まれています。ナイアシン同様、体内では補酵素となります。
ビタミンB1ビタミンB1は別名チアミンとも呼ばれており、豚肉の赤身などに多く含まれているビタミンです。炭水化物と関わりの深い、必要不可欠な成分です。
ビタミンB12ビタミンB12は別名コバラミンとも呼ばれており、人体に必須の栄養素の一つです。
ビタミンB2ビタミンB2は別名リボフラビンとも呼ばれており、別名「美容のビタミン」とも呼ばれています。
ビタミンB6ビタミンB6は別名ピリドキシンとも呼ばれており、体内で酵素をサポートします。
ビタミンDビタミンDはカルシフェロールとも呼ばれており、人体にとって欠かせないビタミンです。太陽の光を浴びることで生成することが可能であり、太陽のビタミンとも呼ばれています。
ヘンプシードヘンプシードは、アサ科の植物の実です。体内で生成できないため食事から摂取する必要がある必須アミノ酸を、9種類全て含んでいることが特徴です。また、ビタミン、ミネラル、脂質、食物繊維のバランスも良く、今後様々な食品への応用に期待が高まっています。
マカマカとは、南米ペルーのアンデス山脈に自生している、人参に似た植物です。アミノ酸をはじめとした栄養価が非常に豊富なことで知られています。
モリンガモリンガは、インドで古くから美容と健康のために使用されている植物です。世界3大美女で知られているクレオパトラがその葉を煮出してお茶を愛飲していたことからも話題となりました。
葉酸葉酸はビタミンBの一種です。妊娠を計画している方に人気の成分で、厚生労働省も妊娠前に葉酸を1日400μg摂取することを推奨しているほどに重要な成分です。