すべて
down
DICTIONARY成分一覧
DHADHAはドコサヘキサエン酸の略称であり、青魚に多く含まれているω-3系脂肪酸です。体内で作ることができないため、必須脂肪酸というカテゴリになっています。
EPAEPAはエイコサペンタエン酸の略称であり、青魚に多く含まれているω-3系脂肪酸です。体内で作ることができないため、必須脂肪酸というカテゴリになっています。
L-シスチンL-シスチンはアミノ酸の一種です。
N-アセチルグルコサミンN-アセチルグルコサミンは、甲殻類の殻に豊富に含まれている成分です。ヒアルロン酸と関連の深い成分です。
β-カロテンβ-カロテンは別名プロビタミンAと呼ばれており、体内でビタミンAに変換される物質です。ビタミンAは生命活動に欠かせないビタミンで、多くの野菜や果物に含まれています。美容成分としても優れ、健康を維持する役割を担っており、ビタミンCやEとセットで摂ることをお勧めしています。
アスタキサンチンアスタキサンチンは、サケやイクラなどに含まれる天然の赤色色素です。カロテノイドの一種で、美容成分として、多くの専門家から注目を集め、様々なサプリメント等に利用されています。
アセロラアセロラは、美容に最も重要なビタミンの1つであるビタミンCをとても多く含んでおり、そのビタミンC含有量はレモンの34倍とも言われています。
アマランサスアマランサスは、南米地域原産のスーパーフードです。世界保健機構(WHO)が「未来の食品」と評価しており、ハリウッドセレブの間でもブームになった食品。栄養素のバランスが非常に高いことから、将来的に主食の一種として用いられることも期待されています。
オリーブオイルオリーブオイルは、ソフトカプセルに脂溶性の成分を入れる際のベースとして用いられています。スペイン国内で収穫から加工・抽出までを行った上質なオリーブオイルのみを使用しています。
キヌアキヌアは、南米のアンデス山脈一帯にルーツを持つ植物です。その高い栄養素から、NASAも宇宙食への採用を検討して研究を行っています。美容ケアに不可欠なリボフラビン(ビタミンB2)やダイエッターに人気の食物繊維を豊富に含んでいます。
クコ実クコの実は、別名ゴジベリーとも言われています。身近なところだと、杏仁豆腐の上に乗っている赤い実がクコです。エイジングケア※によいとされるポリフェノール、ルチンはビタミンPとも呼ばれており、私たちの体を健康に保っています。 ※エイジングケアとは年齢に応じた栄養面のお手入れを指します。
グリセリン脂肪酸エステルグリセリン脂肪酸エステルは、脂溶性の成分を均等に混ぜ合わせるための乳化剤として使われています。市販のチョコレートやパンなどに用いられる、一般的な成分です。
グルコシルセラミドグルコシルセラミドは、セラミドの一種です。セラミドは、私たちの体にも元々存在する重要な成分です。
酵母エキスシステインなどのアミノ酸からできている美容成分を含む酵母エキスを使用しています。
コエンザイムQ10コエンザイムQ10は、エネルギー産生に深く関与しており、日々の元気をサポートする成分です。人間が生命活動を行うためのエネルギー源のためには、コエンザイムQ10の存在が必要不可欠です。
ココナッツオイルココナッツオイルには良質な脂肪酸である中鎖脂肪酸、ラウリル酸が豊富に含まれています。農薬と化学肥料を一切使わないクリーンな環境で大切に育てられた有機ココナッツから、丁寧に抽出したオイルのみを使用しています。
コラーゲンコラーゲンは、人間の体内のたんぱく質の30%を占めている物質で、欠かせない構成要素でもあります。
コラーゲンペプチドFUJIMIに採用されているコラーゲンペプチドは、コラーゲンを酵素分解することによって吸収率を高めた成分であり、美容や健康の維持に役立つことが様々な研究によって明らかになっています。
サフラワーオイルサフラワーオイルは、ソフトカプセルに脂溶性の成分を入れる際のベースとして用いられています。FUJIMIに使われているサフラワーオイルは、ベニバナの種子から丁寧に抽出したオイルのみを使用しています。
ショ糖脂肪酸エステルショ糖脂肪酸エステルは、サプリメントに使う素材を均等に混ぜ合わせるために利用される成分です。ヤシ油から抽出した脂肪酸と砂糖を組み合わせた天然素材です。
ステアリン酸カルシウムサプリメントの原料を混ぜ合わせて錠剤にする時に、それぞれの錠剤に均等に成分が入るように混ぜ合わせるサポートをするのがステアリン酸カルシウムです。市販の錠剤タイプのサプリメントに多く含まれています。
セルロースセルロースは不溶性食物繊維の一種で、錠剤の硬度を上げて割れにくくするために用いられます。食物繊維は腸内細菌のエサになっていることが最近になって明らかになり、第六の栄養素と呼ばれるようになっています。
セレンセレンは、人間が生きていくために不可欠なミネラルである必須ミネラルの一種です。
チアシードチアシードは、南米原産の植物であるサルビア・ヒスパニカの種子です。栄養価のバランスも良く、水を含むとゲル化して膨れ上がるため、少量で満腹感を維持できることからダイエット食品やスムージーなどによく採用される成分です。栄養価のバランスも良く、エイジングケア※にもおすすめの成分とされています。※エイジングケアとは年齢に応じた栄養面のお手入れを指します。
デキストリンデキストリンは、デンプンの加水分解によって得られる糖質の一種です。天然由来なので、安定性も高いため、サプリメントに入っている成分を固めるための素材として最も頻繁に用いられる成分です。
トコトリエノールトコトリエノールはビタミンEの一種です。ビタミンEはトコフェロールとトコトリエノールの2種類に大きく分けることができますが、トコトリエノールの有効性はトコフェロールよりも更に高いことが示されています。
ドクダミドクダミは、東アジアを原産とする多年生植物です。
ナイアシンナイアシンはビタミンB3のことですが、ナイアシンと呼ばれることが一般的です。体内で酵素をサポートする補酵素として有名です。
ナノ型乳酸菌nEFナノ型乳酸菌nEFは、ヒト由来の乳酸球菌Enterococcus faecalisを特許製法を用いて分散化し、体内での吸収率を高めた乳酸菌です。
ハトムギハトムギはアジア原産でイネ科の植物です。
バオバブバオバブは、アフリカ地域に生息している巨大な樹木です。エイジングケア※としてもお勧めで、現地では健康のために古来より用いられてきました。※エイジングケアとは年齢に応じた栄養面のお手入れを指します。
パントテン酸カルシウムパントテン酸はビタミンB5のことですが、パントテン酸と呼ばれることが一般的です。比較的様々な食品に含まれています。ナイアシン同様、体内では補酵素となります。
ヒアルロン酸ヒアルロン酸は、人体の深部、様々な部位に多く含まれている成分です。
ビオチンビオチンはビタミンBに属する水溶性のビタミンです
ビタミンAビタミンAは生命活動に欠かせないビタミンで、多くの野菜や果物に含まれています。身体の様々な部位で健康を維持する役割を担っており、ビタミンCやEとセットで摂るのがお勧めです。
ビタミンB1ビタミンB1は別名チアミンとも呼ばれており、豚肉の赤身などに多く含まれているビタミンです。炭水化物と関わりの深い、必要不可欠な成分です。
ビタミンB12ビタミンB12は別名コバラミンとも呼ばれており、人体に必須の栄養素の一つです。
ビタミンB2ビタミンB2は別名リボフラビンとも呼ばれており、別名「美容のビタミン」とも呼ばれています。
ビタミンB6ビタミンB6は別名ピリドキシンとも呼ばれており、体内で酵素をサポートします。
ビタミンCビタミンCは、健康の維持に関わっている重要なビタミンです。過剰摂取の心配がないため、常に多く取っておきたいビタミンの1つです。
ビタミンDビタミンDはカルシフェロールとも呼ばれており、人体にとって欠かせないビタミンです。太陽の光を浴びることで生成することが可能であり、太陽のビタミンとも呼ばれています。
ビタミンEビタミンEは美容ケアにお勧めのビタミンで、トコフェロールと呼ばれることもあります。年齢を重ねた方に積極的に取っていただきたい成分で、ビタミンAやCととても相性が良いとされています。
ピクノジェノールピクノジェノール®は、フランスの南西部ボルドー地方とピレネー山脈の間の大西洋沿岸に自生するフランス海岸松の樹皮から取れる希少なエキスです。ピクノジェノールを使った臨床試験の結果だけで一冊の分厚い本になっているほど、エビデンスが豊富な成分です。
ピペリン中国やインドでは健康のために古くから使用されていたピペリン。黒こしょうにごく微量に含まれている成分です。
プラセンタプラセンタは、哺乳類の胎盤のことです。FUJIMIに採用されているプラセンタには、デンマークの高地で育った豚から丁寧に抽出された原料のみを使用しています。美容分野で、近年最も注目されている素材の1つです。
ヘンプシードヘンプシードは、アサ科の植物の実です。体内で生成できないため食事から摂取する必要がある必須アミノ酸を、9種類全て含んでいることが特徴です。また、ビタミン、ミネラル、脂質、食物繊維のバランスも良く、今後様々な食品への応用に期待が高まっています。
マカマカとは、南米ペルーのアンデス山脈に自生している、人参に似た植物です。アミノ酸をはじめとした栄養価が非常に豊富なことで知られています。
ミックスベリーエキスミックスベリーエキスは、アメリカや北欧諸国で収穫された6種類のベリーから抽出した混合エキスです。ワイルドブルーベリー、ストロベリー、クランベリー、ワイルドビルベリー、エルダベリー、ラズベリーから抽出したエキスを独自配合しており、天然の栄養素が詰まっています。
ムコ多糖ムコ多糖とは、保水性に優れた物質です。食品では、うなぎ、すっぽん、煮こごりなどに含まれています。
モリンガモリンガは、インドで古くから美容と健康のために使用されている植物です。世界3大美女で知られているクレオパトラがその葉を煮出してお茶を愛飲していたことからも話題となりました。
リコピンリコピンはトマトに豊富に含まれる栄養素です。FUJIMIには、中サイズのトマト2つ分のリコピンが含まれています。※製品1粒当たり
レスベラトロールレスベラトロールはポリフェノールの一種です。FUJIMIには、フランス産赤ワインから抽出したレスベラトロールのみを贅沢に使用しています。
乳糖乳糖は、人間などの哺乳類の母乳に含まれている糖分の一種です。今回は、錠剤を固めるために使用されています。
二酸化ケイ素サプリメントの原料を混ぜ合わせて錠剤にする際、それぞれの錠剤に均等に成分が入るようしっかりと混ぜるサポートをするのが二酸化ケイ素です。ケイ素は別名シリカとも呼ばれており、近年注目が高まっている素材です。
大豆ペプチド大豆には良質なタンパク質が多く含まれていますが、それらの成分をより細かくすることで吸収しやすくした形が、大豆ペプチドです。大豆ペプチドはスムーズにアミノ酸へと変換されて、内側から美容をサポートします。
大豆レシチンレシチンは、人体を構成する脂質で、フォスファチジルコリンとも呼ばれています。FUJIMIには、成分を均等に混ぜ合わせるための乳化剤として用いられています。
白金ナノコロイド白金とはプラチナのこと。プラチナを超微粒子にまで加工したのが、超高級素材である白金ナノコロイドです。食品にも配合が許可されています。美容分野で研究が進んでおり、腸管で吸収されることはありませんが、その有用性が注目されている素材の1つです。
葉酸葉酸はビタミンBの一種です。妊娠を計画している方に人気の成分で、厚生労働省も妊娠前に葉酸を1日400μg摂取することを推奨しているほどに重要な成分です。
還元麦芽糖水飴サプリメントの味を調整するために用いられることが多い成分です。
酸化防止剤(ビタミンE)人体に欠かせないビタミンEですが、製品や成分の酸化防止剤として採用されています。
高濃度ビフィズス菌BB536-EX高濃度ビフィズス菌BB536-EXは、BB536と呼ばれる健康な乳児から発見されたビフィズス菌を高濃度培養したものです。